FAQ

よくあるご質問

  • ケンブリッジ英語検定に
    ついて
  • 試験当日について
  • 試験結果について

検定について

ケンブリッジ英語検定を大学入試で活用できますか?
ケンブリッジ英語検定の成績は、大学入試で活用することができます(詳細は「大学入試での活用ガイド」をご参照ください)。

■英語成績提供システム(大学入試英語成績提供システム)参加試験として:
2020年度以降、現在のセンター試験に代わり、共通テスト(大学入学共通テスト)が始まります。そして、英語は、共通テスト(リーディング・リスニング)に加えて、大学入試英語成績提供システム参加試験として認められた資格・検定試験を受検することになります(高3時に年2回まで)。
ケンブリッジ英語検定は、英語成績提供システム参加試験として認められています。本サイトからお申し込みいただけます(お申し込み時に、大学入試センターが発行する「共通ID」が必要です)。
なお、大学により活用方法(出願資格型・加点方式型など)、求めるレベルは異なります。事前に各大学の募集要項をご確認ください。
■上記以外の個別入試:
英語成績提供システムを利用せず、個別入試において独自の基準で資格・検定試験を活用する大学もあります。ケンブリッジ英語検定を当該大学が採用していることを確認していただいたうえでご受検ください(大学・学部により、求めるレベルは異なります)。
本サイトを通じて申込・受検いただき、取得した認定証・結果ステートメントを利用していただくことができます(ただし、英語成績提供システムの受検回数としてカウントされるのでご注意ください)。また、全国のケンブリッジ英語検定試験センターからのお申し込みも可能です(「大学入試での活用ガイド」ページの試験センターのリストをご参照ください)。
共通IDとは何ですか?
英語成績提供システムを活用する場合、資格・検定試験の受検申込時に必ず共通IDを入力する必要があります。共通IDは、大学入試センターから発行される個人ごとに異なる10ケタのIDです。
2020年度に受検する受検生(現高2生)の共通IDは、高校経由で2019年11月申込、2020年1月発行の予定です。
どのレベルの試験を受検すればよいですか?
大学入試で活用する場合、まず、各大学が求めているレベルを確認してください。そして、「試験概要」ページにある試験サンプルを参考に、適切なレベルの試験を選択してください。
ケンブリッジ英語検定はどのような問題が出されますか?
ケンブリッジ英語検定は、リーディング/リスニング/ライティング/スピーキングの4技能を測ります(B2 First以上の試験は、リーディング&文法・語彙/リスニング/ライティング/スピーキング)。出題内容は、「試験概要」ページをご覧ください。サンプル問題を見ることができます。
ケンブリッジ英語検定の試験はいつ実施されますか?
大学入試英語提供システム参加試験としてのケンブリッジ英語検定は、各レベル、年2回または3回試験を実施します。「試験日程・会場」ページを確認ください。
for Schoolsとは何ですか?
A2 Key(KET)/B1 Preliminary(PET)/B2 First(FCE)の試験には、①通常バージョンとともに、②中高生対象のfor Schools(フォー・スクールズ)バージョンがあります。for Schoolsバージョンは、中高生の経験および関心に対応した試験内容になっていますが、どちらも出題レベルや試験結果の取り扱いには全く差はありません。認定証にfor Schoolsの記載はなく、幅広い年代の方に受検していただけます。高校生の皆さんには、いずれの試験を受けていただいても大丈夫です。
ケンブリッジ英語検定では、イギリス英語が評価されるのでしょうか?
ケンブリッジ英語検定で使われる英語は、世界で英語が話されているという背景を反映して、たとえば、リスニングテストでは、英国や米国のアクセントなど、異なるアクセントが含まれます。また、記述問題の綴りや語彙に関しても、英国式、米国式のいずれを使っても公平に採点されます。
スピーキングの試験はどのように進みますか?
スピーキング試験は、受検者2名と試験官2名の対面式で行われます。受検者は2名でペアを組み、試験官から与えられたテーマに沿った対話が総合的に評価されます。
ケンブリッジ英語検定の申込方法を教えてください。
本サイトの申込は、2020年2月開始予定です。
申込締切日までに、トップページの「受検申し込み」ボタンよりお申し込みください。
※申込方法の詳細は、確定次第、ご案内します。
ケンブリッジ英語検定の受検料はいくらでしょうか?
試験の種類によって異なります。「試験概要」ページをご覧ください。

試験当日について

試験当日、都合が悪くなって受検できなくなってしまいました。
連絡の必要はございません。
ただし、受検料の返金や他日程への振替などはできませんので、あらかじめご了承ください。
試験時間、集合時間を教えてください。
お申込後にWEB上で閲覧できる「受検票」にて試験当日の詳細をご確認いただきます。ただし、スピーキング試験は順番に行うため、開始時間・終了時間は受検者によって異なる場合があります。
試験当日の天候が心配です。試験当日の実施状況についてははどのように確認できますか?
原則、申込時に登録いただいたアドレス宛てに、メールでご連絡します。
試験会場で飲食してもよいですか?
試験中は、ラベルを剥がしたペットボトルの水のみ、教室内に持ち込むことができます。
試験が午前と午後にまたがって実施される場合、昼食は持参する必要がありますか?
試験当日の各種ご案内は、お申込後にWEB上で閲覧できる「受検票」にてご確認いただきます。

試験結果について

試験結果はいつ頃わかりますか?
■オンラインサービスでのご確認:
試験日の6週間後から、Confirmation of Entry記載のID Number(ログインID)とSecret Number(パスワード)をもとに、Candidate Website(英語のみ)より結果をご確認いただけます。 Confirmation of Entryは、試験当日配付します。

■郵送でのご確認:
試験日より約2ヶ月後のお届けとなります。受検者全員に、英国にて発行された「結果ステートメント」をお送りします。 また、成績結果が一定の基準に達した方には、「認定証」も併せてお送りします。
結果ステートメントや認定証を紛失した場合、再発行はできますか。
「結果ステートメント」は再発行が可能です。ただし、「認定証」の再発行は、状況によって対応が異なります。本サイトの「お問い合わせ」フォームよりお問い合わせください。
試験結果はいつまで有効ですか
■ケンブリッジ英語検定の認定証には有効期間はありません。
■英語成績提供システムとしての有効期間は受検年度を含む二年間となります。
■英語成績提供システムを利用しない個別入試への出願については、出願先の募集要項をご確認ください。