About us

私たちについて

We help people learn English and prove their skills to the world
英語学習と世界に英語力を証明するお手伝いをします。

Overview機構の概要

Cambridge Assessment English + 河合塾

学校法人河合塾は2018年7月13日に一般財団法人 日本ケンブリッジ英語検定機構(Cambridge Assessment Japan Foundation)を共同で設立いたしました。

私たちは国際的評価の高い英語4技能検定「ケンブリッジ英語検定」を日本国内で普及させ、日本の英語教育発展に寄与してまいります。また、大学入試英語成績提供システムで活用される「ケンブリッジ英語検定」の日本における実施団体としての役割を担います。

英国・ケンブリッジ大学英語検定機構(Cambridge Assessment English)とは

英国ケンブリッジ大学の一部門として、
英語学習を学習者に寄り添って導き、世界にその英語力を証明するサポートをすることを使命とした非営利組織です。

世界トップレベルの研究者チームによって支えられ、世界中の英語学習者や指導者にとって価値ある資格試験の開発、提供に努めています。
ケンブリッジ大学英語検定機構についてはこちら

組織図

河合塾グループについて

河合塾グループは、「進学教育事業」「教育活動支援事業」「教育研究開発活動」の3つの事業・活動を柱に新たな教育価値を社会に提供してきた民間の教育機関です。
1933年の創立以来、塾訓「汝自らを求めよ」の精神を旨とし、一人ひとりの生徒が持つ可能性を信じ、その自己実現を支援してきました。学校法人河合塾をはじめとする3つの学校法人等から成る河合塾グループでは幼児から社会人まで10万人以上もの生徒が、全国450カ所以上の校舎・教室で学び、全国最大規模を誇る「全統模試」の年間のべ受験者数は310万人強に及びます。
河合塾グループについてはこちら

Our people機構の代表プロフィール

一般財団法人日本ケンブリッジ英語検定機構 理事長

Liam Vint(リアム・ヴィント)

一般財団法人日本ケンブリッジ英語検定機構理事長 Liam Vint(リアム・ヴィント)

プロフィール

Deputy Director, Global Network, Cambridge Assessment English

コメント

The Cambridge Assessment Japan Foundation is a new educational foundation, established by Cambridge Assessment and Kawaijuku Educational Institution, to provide Cambridge Assessment English examinations to those Japanese students wishing to take a four skills English language exam as part of their university entrance test for English.

Cambridge Assessment English examinations are currently taken by over 5.5 million candidates worldwide and the Cambridge Assessment Japan Foundation is very honoured, and excited, to be able to offer these prestigious and highly recognised examinations to Japanese high school students preparing to go to university.

一般財団法人日本ケンブリッジ英語検定機構 副理事長

Hidenori Nobuzane信實 秀則

一般財団法人日本ケンブリッジ英語検定機構副理事長 Hidenori Nobuzane(信實 秀則 のぶざね ひでのり)

プロフィール

河合塾教育イノベーション本部長、コンテンツ本部長などを経て現在は河合塾理事。

コメント

高校生の皆さんが将来のグローバル社会の中で十分に能力を発揮していくためには英語を実用的に「使える」力を身につけることが必須です。必要とされる英語能力を身につけ、4技能の個々の力を把握するための試験として「ケンブリッジ英語検定」は最適であると確信し、日本の英語教育発展に寄与したいという思いから、河合塾はケンブリッジ大学英語検定機構と本財団を共同設立いたしました。

河合塾の高1・2生はケンブリッジ英語検定を必須受検とし、英語4技能評価・育成ツールとして活用しています。今後も本財団はケンブリッジ英語検定の教育現場での活用を広めるべく、活動してまいる所存です。

Featuresケンブリッジ大学英語検定機構の特長

ケンブリッジ大学英語検定機構は圧倒的な情報とネットワークにより、英語学習者をサポートし、そのスキルを世界に証明します。

  • 英語力の証明

    英語力の証明

    世界130ヵ国で年間250万人以上の受検者を誇り、大学・企業・省庁など20,000を超える世界中の機関にも認められた国際規準の英語検定です。

  • 世界各地の海外拠点

    世界各地の海外拠点

    世界130か国以上で質の高い試験を提供しております。

  • 100年の蓄積

    100年の蓄積

    100年にわたる言語学習や評価によって蓄積されたものであり、それが世界中の教育機関や政府機関との連携につながっています。

  • 最高レベルの認定試験センター

    最高レベルの認定試験センター

    世界にて2,800以上の認定試験センターがあり、試験を世界規模で実施しつつ、最高レベルのセキュリティーと質を提供しております。

Valuesケンブリッジの思い

英語力テスト提供機関の中でも最大の専任調査チームを有しており、
言語評価の分野では世界トップクラスの専門家も参加し、ケンブリッジ英語検定の試験開発と品質管理に専念しています。

  • 信頼性と公平性の高い試験を目ざして

    信頼性と公平性の高い試験をめざして

    言語評価に関してケンブリッジ大学英語検定機構が有する卓越性、信頼性、公正性の高い国際評価は、世界中のケンブリッジ公認の試験官の高い質と専門性によって支えられています。

  • サポートへの思い

    サポートへの思い

    受検者がより効果的な試験準備を行うための教師・教員へのサポートは、世界中の英語学習者に高品質の英語試験を提供するという、ケンブリッジ大学英語検定機構の重要な使命です。

  • 世界中の出版社との協力体制

    世界中の出版社との協力体制

    ケンブリッジ大学出版局が独自の公式試験対策教材を製作しています。また、世界中のさまざまな出版社と一緒に取り組むことで、数百種類もの英語の先生と学習者用の書籍を発行しております。